HSBC HK(香港)で口座開設してきました

海外の株やファンドを買いたい人がこぞって口座開設しているらしいHSBC HK(香港上海銀行 香港)に口座を開いてきました。といってもまぁ、僕は投資する才能もないので香港赴任時の日常生活用ですが(笑)

とはいえ、今はまだ日本の住人ですし香港IDも持っていないため普通の日本人が口座開設する場合と条件は一緒なので、投資用にHSBC HKの口座を開きたいという方の参考になるのではないかと思います。

ネットではHSBC HKの口座開設サポートを謳った高額なツアーやノウハウ商材などもたくさんあるのですが、僕が開設してきた結論としては、はっきり言ってそんな物は一切不要です。少々の英語は必要ですが特に何の準備もなしに行っても問題なく開設できましたのでご安心を(笑)

いや~、こんな簡単なアレでお金取れるなんてボロイ商売だな~w

開設に必要な書類について

ネットで調べて事前に以下の物を準備していきました。
ただし、結果的には不要だった物もあるので以下で詳しく説明します。なお、この件は「今回」&僕が口座を開設した「オーシャンセンター支店」での話なので必ず開設できる保証はありませんし、HSBC HKの対応もタイミングによって違うようなのでご理解をお願いします。

  • パスポート
  • 日本の運転免許証
  • 名刺
  • 領事館発行の運転免許証の英訳
  • 日本の会社発行の収入証明書

結果的に必要だったのは上記の内、赤字の3点だけでした。
先人のブログなどを見ると英文の銀行残高証明とか国際免許証とかいろいろややこしいものが必要と書かれているため上記の書類を準備していったのですが、下の2つは不要でした。

そもそもロクに住所確認も行っていない様子で・・・w
結果的には個人確認はパスポートと免許証で完了したっぽい。

住所については口座開設の途中で「英語で住所を書いてくれ」といわれたので準備していた運転免許証の英訳を出しましたが、あの様子だとその場で書けば問題なかったはずだと思います。なお、英文の住所の書き方はこちらで解説していますので事前に覚えておくと良いかと思います。

名刺については、連絡先の電話番号やメールアドレスを入力するために使ったので、事前に勤務先と連絡先として使いたい電話番号・メールアドレスを書いた紙を準備していけば良いと思います。

必要書類はこれだけなので結果から見るとややこしい事前準備は不用ということになります♪

オーシャンセンター支店での口座開設手続きの流れ

今回やってきたのは日本語可能なスタッフがいるというHSBC HKのオーシャンセンター支店です。

オーシャンセンター支店までは九龍側にあるMTR尖沙咀駅から徒歩5分くらい。

HSBC HKオーシャンセンター支店は入口に巨大なシャネルのマークがあるブランドビル「オーシャンセンター」の中にあります。周囲のブランド店には急にお金持ちになったっぽい中国人が列をなして並んでおり、バブルの時の日本人もこんな感じだったのかなと微妙に切ない気持ちになります。

オーシャンセンターに入ってすぐの所にあるエスカレーターを3階まで登ると目の前にHSBCがあります。なお、正面はお金持ちが入るPremier専用の窓口なので、間違えずに左側に入るのが重要です(笑)

万が一場所が分からないときは、付近にいるスタッフっぽい人に「Where is HSBC?」といかにも英語が話せません的な感じで尋ねれば親切に指さしで教えてくれますw

HSBCの中に入ったらこんな感じ~
カウンターにたくさん人が並んでいますがそちらには行かず入口付近のカウンターにいるスタッフに「 I'd like to open an account.」と伝えましょう。するとよく分かりませんがこっち来てください的な流れで口座開設用の窓口に案内されます。

口座開設用のカウンターに座ると、まずはパスポートと運転免許証を出すように言われます。何言ってるかよく分からなくても「パスポート」と「ドライバーズライセンス」さえ聞き取れれば大丈夫です(笑)

っていうか、オーシャンセンター支店は日本人が多いのか、相手が英語を話せない状況に結構慣れてます(そもそも香港自体がそういう街だし)。

HSBCには預金する口座の額によって「SmartVantage(スマートバンテージ)」「HSBC Advance(アドバンス)」「HSBC Premier(プレミア)」の3種類の口座があり、先人のブログを見ると最低入金額が小さい「SmartVantage(スマートバンテージ)」を選ぶ例が多かったのですが、今回の担当者が言うには海外在住の人は「HSBC Advance(アドバンス)」「HSBC Premier(プレミア)」のどちらかしか口座が開けないとか。

両者の違いがよく分かりませんが、もちろん最低入金額が小さい「HSBC Advance(アドバンス)」を選んだのはいうまでもありません。それでもHK$200,000(日本円で2,000,000円)の入金が必要です。。。この金どうしようw

僕の場合は、このあとで名刺(ビジネスカード)を持っているかと聞かれたので日本の会社の名刺を出したら後は全て勝手に入力してくれたらしく、あっという間に口座が完成。写真の通りその場でATMカードと仮パスワードの入った封書を手渡されました。

ATMカードのアクティベーションを忘れずに!

投資口座のことはあとで書きますが、HSBCの口座開設自体はコレで完了です。
が、日本から口座開設に行った際に絶対に忘れちゃいけないのが先ほど貰ったATMカードのアクティベーションです。これを忘れるとATMカードも使えないばかりか、ネットバンキングも使えないという話なんですよね~

しかも香港でしかできないのでアクティベーションしないで帰国しちゃうともう一度香港まで行かねばなりません・・・

ということで、とても大事なATMカードのアクティベーションですがやり方は簡単♪

入金するべく持参した香港ドルの現金とATMカード、仮パスワードの入った封書を持ってATMへ行き、このお金を入金すればオッケー。

もちろんATMは英語と中国語の表記で少々わかりにくいですが、最初のメニューでEnglishを選択し、続くメニューでDeposit(預金)を選べば大丈夫です。また、分からないときは支店の営業の方に一緒にやって貰うことも可能です。

僕の場合は支店の方が勝手に入金してくれましたが・・・w

投資口座も一緒に開設しよう

日本在住でわざわざHSBCに口座開設をする人は基本的に海外の株やファンドへの投資が目的だと思いますので、投資口座の開設を忘れてはいけません。

今回は途中で「INVESTMENT ACCOUNT」を利用するか?的なことを聞かれたので、とりあえず「YES,YES」と言っておいたらいつの間にか投資口座が開設されていました。恐るべしHSBC HK。

日本で投資用の口座を開いたことがある方は分かると思いますが、投資口座の開設には投資経験や投資可能額、収入など貴方がどれくらい投資に適しているかを図る質問に答えなければなりません。

ちなみにこれらの質問は全て英語です・・・
が、HSBCオーシャンセンター支店では口頭で答えなくて良いように質問シートを用意してくれているので大丈夫w 後は一旦シートに書いた内容を、会話している風に受け答えすれば大丈夫(記録のために問答の様子を録音します)

このあと、投資口座開設用カウンターに移動して、なにやら投資に関するアドバイスをしてくれるのですが何を言ってるのかさっぱり分かりませんでした。。。ポカーンとしてると大事なところだけちゃんと聞いてくれるのでたぶん大丈夫・・・?

ネットバンキングを使おう!

僕はすっかり忘れてて後で自分でやったのですが・・・
日本からHSBCを使う場合はインターネットバンキングのアクティベーションレーションが必要です。希望する場合は「I want to use Internet Banking.」といえば、その場でアクティベーションしてくれるそうです。

こちらはATMカードと違って申し込み忘れても、あとで利用登録すれば大丈夫なので心配ありません。

HSBC HKのサイトから利用登録をしてセキュリティデバイスを申し込むと香港内の住所なら3日くらい(日本の住所だと1週間くらい)で、セキュリティデバイスが送られてきますので、再びネットバンキングにログインしてセキュリティデバイスの登録をすれば利用準備は完了です。

基本的な英語は必要です

今回、HSBC HKに口座を開設してみた結果、英語がまったく分からない場合はちょっと無理ではないかと思いました。オーシャンセンター支店には日本語の分かるスタッフがいると言うことなのでどうしてもダメそうなときは「ジャパニーズスタッフ プリーズ」とホントにダメそうな感じで伝えれば何とかなるかもしれませんが(笑)

っていうか僕も英会話はほとんどダメですが、ちゃんと口座開設できたのでほとんどの方は大丈夫でしょう。YES、NOと投資に関する基本的な英単語だけ頭に入れていけばあとは気合いでなんとかw

そういった意味では口座開設サポートとか意味あるのかもですが、開設の手続きに同行してくれなきゃ意味ないですし、それに投資口座の場合、資産額などプライベートな質問にも答えなきゃいけないので赤の他人と同行っていうのもどうかなと。。。

というか、使い始めたら当然ネットバンキングも利用規約も全て英語ですから、事前に少々勉強しておいても損はありませんしね♪

住所 Shop 361-5, Level 3, Ocean Centre, Harbour City, Tsim Sha Tsui, Kowloon
電話番号 +852-22333000
営業時間 09.00 - 16.30
 

この記事へのコメント(47件) |コメント入力欄へ

Trader@Live さん  2012年7月10日 07:13  返信

SmartVantage口座はすぐには開設出来ないようですね。
私の場合は帰国後2~3日経ってから、開設できた旨の連絡がありました。

ina さんからTrader@Liveさんへの返信  2012年7月10日 08:36  返信

>Trader@Liveさん
情報ありがとうございます!
僕の時は、海外の人はSmartVantage口座自体開設できないと言われたので、条件が緩和されたのでしょうか。

後日開設ということですが、その場合、口座番号やキャッシュカードは後日郵送されたのでしょうか?

Trade@Live さん  2012年7月10日 09:01  返信

ネットで自分の口座にLogonすると、帰国直後はAdvance口座の明細が表示されていましたが、開設のメール連絡があった後は、SmartVantage口座に変わっていました。
口座番号やカード自体はそのまま使えるようです。

ina さんからTrade@Liveさんへの返信  2012年7月10日 19:35  返信

>Trade@Liveさん
追加情報ありがとうございます!
なるほど、一旦アドバンスで作って変更する形になっているんですね~

shinchan さん  2012年7月21日 15:25  返信

大変参考になりました。おかげさまで何とかなりました。ちなみに私は香港在住2か月ですが英語能力は相当低いです。特に聞き取りがダメで、聞き取れない質問は書いてくれと頼みました。(担当の人、苦笑しまくり)
 まあ、私の場合、IDカードや香港オフィスの名刺があるので有利だったのですかね。ただ、それでも住所証明要求され、電気代やガス代の請求書出したのですが、大家さんの名前で来ている請求書なので当然却下。香港在住マンションのキーカード(顔写真入り)でどうだと出したら、それも却下。じゃあ何もないよと言ったら運転免許持ってるかと言うので、日本の免許出したらOKでした。但し、日本語読めないから翻訳してくれと言われ、その場で解るとこだけ英訳しました。
 また、スマートバンテージにしてくれと頼んだら、今サービス期間で1年間アドバンスが無料だよ、1年後にスマートバンテージにも変更できるよ、と言われたのでお勧めに従いました。
 今回は何故かカードはもらえず、Letter出すから、それ持ってもう1回来て、その時、カード渡してデポジットも入れてもらうから、と言われたので来週もう1回行きます・・・

ina さんからshinchanさんへの返信  2012年7月22日 22:50  返信

>shinchanさん
情報ありがとうございます!

まるで僕が開設したときの様子を見ているようです(笑)
今だったら(英語にもだいぶん慣れたのでw)、もうちょっとやれる気がするのですが・・・

僕はこのあとクレジットカードも作ったのですが、その時もはshinchanさんと同じくアレコレ書類言われて大変でした~

なり さん  2012年12月30日 03:07  返信

今日HSBCの口座開設してきましたが、非常に気分悪かったです。
日本人ですが、香港に住んでいて香港IDもあるので何の問題も無いはずなのですが、
訪れた支店の担当のバカ香港女は、口座開設を受け付けないのが
普通という姿勢で対応をし、自分でも理解してないのに
何やらレターを書けだとか、白紙の紙をポイッとだしたり。
汚い字でてきとうに書いて投げつけてやりました。
香港在住でない人だとしても、パスポートとアドレスプルーフがあればいいのですが、
アドレスプルーフなんていうものは、ガス代とか携帯電話の請求書でも何でもいいので、
住所を貸してあげて日本に住んでるたくさんの人の口座を開設してあげる事ができます。

ina さんからなりさんへの返信  2012年12月30日 14:28  返信

>なりさん
わかります。。。
HSBCは(というか香港では。。。)、担当者のレベル差が非常に激しく、外れに当たると嫌な思いしますからね・・・

ご指摘の通りIDカードをお持ちであれば、アドレスプルーフとパスポートだけで口座開設できるはずだと思います。ダメだと思ったときは、さくっと切り上げて他の支店に行く方がイイカモ(汗)

Poo さん  2013年1月29日 23:28  返信

2週間前に旅行に行ったついで?に開設してきたのですが・・・
たまたまMRTを降りた地上に出たところにあったのがセントラル支店で、なが~いエスカレーターを上がって店舗入り口にいたスタッフ女性に「口座を開設したい」と伝えると、最初に案内されたブースで男性に「開設目的は?デポジットはいくら?IDはある?」等々の簡単な質問をされ(ものの2~3分)受付番号の紙を渡され口座開設担当に案内されるまで待つこと約30分。
通されたブースでは無愛想な女性社員が先ほどの男性社員とは全然違う、超~早口で超~専門用語羅列の一方的な説明・・・^^;
内容的には、とにかくなぜ口座を開設する必要があるのか、という点を詰問してきました。で、口座残高が月平均10000香港$を下回ると毎月H$60の口座管理料がかかることをば~っと説明して、「ID出せ。住所証明できるもの出せ。PCのメールアドレスを記入しろ。携帯の番号を記入しろ。」と命令口調^^;
まるで怒られているかのような扱いではありましたが、結局パスポートと日本の免許証だけで解説できました。
問題は・・・
開設手続きの途中で「私がHSBCの口座を持つメリットって・・・・???」と疑問がよぎり・・・^^;
今さら何を?#と言われる段階まできてたので、そのまま開設手続きを続行したのですが、そのあと入金しないといけないデポジットを入れずに帰国してしまいました^^;
口座残高0なので、管理料の引き落とししようがないから、(後日日本へ郵送するといわれていた)キャッシュカードなどは届かないかな?と思っていたのですが、ちゃんと届きました・・・
なので、結局今もどうしたものかと迷っています・・・
旅行先で現地通貨を出せるのがメリットかな?くらいに思っていたのですが、自分が持っている£や€などはそのままの通貨では入金できない(結局一度香港ドルにかえないといけない)と言われたので、あまりメリットないか・・と思ったんですね・・・
このまま口座凍結にするか、入金するか、富裕層(プチ富裕層^^;)でもない一般庶民にはメリットがないのに、無駄に口座作っただけか・・・と、いずれにしても事前によく口座開設のメリットを調べなかった自分のバカさ加減に呆れてます^^;

ina さんからPooさんへの返信  2013年1月29日 23:40  返信

>Pooさん
愛想悪いですよね~、しかしそれはHSBCがということではなく、香港人全般としてサービス精神があまりないので文化だと思って許してあげて下さい(笑)

一点、訂正ですが
HSBCの口座はマルチマネー口座ですからポンドやユーロなどを振り込みもしくは窓口からその通貨のまま入金することは可能です。

たとえば、僕は日本のシティバンクにドルやポンドを持っていますが、それを直接振り込むことも可能です。(香港ドルに換える必要は有りません)

また、HSBCの窓口に行けば外貨の現金を入金することも出来ます。
なので、口座を持っていれば日本円を持参して窓口で入金、HSBCのレートで両替なんて事も可能です。HSBCのレートは街の両替商より良いので、よく香港に来るようでしたらそのメリットはあるかなと。(70,000円くらいまでは入金手数料無料です)

振り込み窓口入金共に手数料が掛かるのですが、日本の銀行よりレートが良いので、外貨を日本円に両替するのに利用してもイイカモ。ただし、振り込み手数料を加味してお得になるかは金額次第なので検討しておく必要があります。

JUN さん  2013年2月 6日 09:41  返信

 僕は昨年4月に銅羅湾広場Ⅰ座(Causewaybay Plaza)のHSBC銅羅湾支店で口座を開設しました。深センに駐在してますが、ちょくちょく香港に出かけるので、香港での現金引き出し、両替、投資(兼、英会話の勉強)での口座開設です。

 クレジットカードも作りたい(香港でのショッピングの際、割引きサービスを受ける事が出来る店があるので、)のですが、クレジットカードは香港居住者でないと難しい様ですね。

 人民元で給与を頂いており、昨年8月以降、香港非居住者でも人民元口座を開く事ができる様になったので、人民元で預金し、インターネットバンクで香港ドルへ両替し、引き出してます。inaさんがコメントされている通り、街で両替するよりレートはいいです。

 (香港非居住者にとって)人民元口座はどこでも開設出来る訳ではないので、注意が必要です。銅羅湾では、百徳新街(Paterson Road)沿いの支店で開くことができます。

 サービスは、行員次第ですね。僕を対応した若い女性行員(銅羅湾支店)の態度は良かったです。彼女は、年に数回、日本へ旅行するとの事で、旅行話で盛り上がりました。

 勿論、ある程度の英会話力は必要になりますね。特に、ヒアリング出来ないと何を言ってるのか、分からないと思うので。僕の場合、無料英会話のレッスンと思って、HSBCを利用してます。

ina さんからJUNさんへの返信  2013年2月 6日 13:01  返信

>JUNさん
非居住者人民元口座に関する情報ありがとうございます!

クレジットカードについてはプレミアアカウント(100万ドルの預金が必要ですが。。。)だと、結構簡単に発行してくれる模様です。

僕はIDカードがまだ無かった頃、プレミアアカウントに変更したのですが、向こうから「カード作りますか?」って言われてビックリしました。

AKIRA さん  2013年2月20日 21:53  返信

一昨日HSBCで個人口座を友人と開設しに行きました。
(日本在住・日本勤務です)

口座開設の目的は、今年香港で法人設立しビジネスを開始するための前準備的な感じです。
通訳の人曰く、個人口座の開設は厳しくなってるとの事でしたが、
HSBCアドバンスが開設する事ができました。

「いくらくらい預金する予定なのか?」と聞かれ、
「300,000JPY」と答えたのですが、アドバンスでした。
一緒に作りに行った友人は、同じ様な回答でスマートバンテージでした。

通訳の人も「え!なんでアドバンス!?すごい!!」
と言っており、自分自身何がどうなってるか理解できていません。

ちなみに預金もHK$500しかしておらず、HK$200,000も預けるなんて一言も言ってないのですが、将来的にHK$200,000預けなくてはいけないのでしょうか?

どういうシステムになってるのかチンプンカンプンです・・・

ina さんからAKIRAさんへの返信  2013年2月21日 11:52  返信

>AKIRAさん
えっとですね、おそらくHSBCでは希望すればアドバンス(もしくはプレミア)口座を開けてくれるはずです。僕が解説したときはどっちかと言えば外国人がスマートバンテージを作る方が難しかったくらいで。。。

ちなみに、僕が開けたときもアドバンスしかだめって言われました。
これはおそらく、少額だけ入れて放置している外国人口座を防止するためかと思います。

このままアドバンスだとどうなるのか?というところですが、約1年後(はっきりわかりませんが、たぶん1年くらい)の時点で口座残高がHK$200,000を下回っていると毎月口座維持手数料が発生します。

なので、HK$200,000を入金する予定がない場合は、もう一度HSBCに行ってスマートバンテージに下げる手続きが必要です。これは想像ですが、実際に香港にこられてIDカードを取得した後で行かれた方がいいように思います~

m9 さん  2013年8月 8日 00:36  返信

深センベースで中期出張滞在してるものです。
(2ヶ月中国、1ヶ月日本ペース)

こちら参考にさせていただき、一昨日、合間を縫って、香港で口座開設してきました。目的は、法人設立も視野に入れた資金運用のためです。

たまたま別件で立ち寄った尖沙咀のHarbour City 内にあった、 Ocean centre branch でチャレンジしたのですが、運が良かったのか、ちょうど研修生の指導の一環で対応いただけて、かなり良心的な対応でした。

パスポートと日本の免許証の所有を確認されたのちに、中の応接スペースに招かれ、テンプレートの書式に住所等を(免許証の翻訳を兼ねて)書いて、年収欄は適当に書いて、あとは日本の所属会社の名刺を見せただけで、all OKでした。
日本の免許証は、ひとえに住所確認で必要な感じでした。

インターネットバンキングの開設手続き(アカウント/パス設定)も、手続き後に、他の工員(おばちゃん)に引き継がれ、チャチャっと済ませることができました。

特段の用件は、

 ・今日中(開設日)にATM使って、最低HKD2000は入金してね。
ついでに、PINコードを変更してね。
  (カードと、仮パスワードを渡される。)

 ・3ヶ月後に、Personal Integrated Account ( = smart vantage ) に変えるから、
渡した書類を郵送するか、最寄りのブランチに持ってきてね。
  (4枚つづりで、先にごく簡単に内容確認され、開設時にサインさせられてる。
    細かい内容は、追って熟読して確認。笑)

 ・インターネットバンキングには、専用のデバイスでログインが必要(なことがある)から、あとで自分で試してね。
  (電卓チックなデバイスを渡される。)

くらいでした。預金予定額も特段に聞かれませんでした。

当日の入金は、店頭を出た脇のATMで即座に済ませて、インターネットバンキングもホテルで簡単に操作確認。きちんと入金等確認できました。

私は、中国語/英語ともにブロークンですが、英語であれば問題無く(と私が勝手に思ってるだけですが)意思疎通はできるので、特段問題なかったです。

以上、参考頂いた手前、情報共有させていただきます。

ina さんからm9さんへの返信  2013年8月 9日 01:56  返信

>m9さん
詳細なレポートありがとうございます!
Harbour City 内の窓口の対応は、僕が口座を作ったときと変わっていないようですね。

英文の住所証明は面倒なので、日本の免許でOKなのはありがたいですね!

旺角が定宿 さん  2013年9月 8日 11:46  返信

ここのページを参考に一昨日.空港に到着後直行でオーシャンセンター支店で開設してきました。
到着したとたん、日本人か?住所の証明できる免許証とパスポートはあるか?
と聞かれて、対応がかなりこなれていました。

そして、口座の種類は、advanceのほうがいい、メリットが多いから勧めると
言われたので、その通りにしましたが、やはり営業ノルマがありそうですね。

あらかじめ、どの手続をするのか、メモ書きをしていったら、かなり早く手続がすすみました。

インターネットバンキングができたあと、投資口座の開設が上手くいったのか、よくわかりませんでした。
スタッフに聞いたら大丈夫なようなことをいってたのですが、質問の録画とかがなかったので、月曜に再確認するために支店にいくつもりです。
投資口座が出来ているかの確認方法があればよかったのですが。
SmartVantageへの変更書類も貰い損ねたので、それも必要だと思ってます。

特別に変わったことといえば、9月から海外での引き出し限度額がゼロになるので、
それをATMかインターネットでやるのが、必要になったようです。

ina さんから旺角が定宿さんへの返信  2013年9月10日 17:04  返信

>旺角が定宿さん
いろいろ情報ありがとうございます!
海外で引き出す必要があるときは、ATMかインターネットバンキングから変更手続きってことですね!参考になります~

旺角が定宿 さん  2013年9月10日 20:10  返信

わからない点があったので、もう一度HSBCに行ってきました。

投資口座については、質問形式で開設するのではなく、インターネットバンキングから
リスク質問に答えることで、開設するようになっていると、説明を受けました。
他の書き込みにあるような、録画等はありませんでした。

あと、SmartVantageへの変更はしてほしくなさそうな雰囲気で説明をされて、
3か月はAdvanceの口座維持手数料が無料で、1年後まで変更できないと担当者に
言われました。
おかしいなと思って、他の支店で聞いたら、変更はいつでもできるといって、
変更用の用紙をもらってきました。

ina さんから旺角が定宿さんへの返信  2013年9月20日 20:36  返信

>旺角が定宿さん
スマートバンテージは維持手数料が無料なのでいやがる支店が多いみたいですね~
実際にはスマートバンテージ口座を持っている方もたくさん居るようなので、変更は可能と言うことですね!

深セン出張 さん  2013年10月11日 19:14  返信

こちらのサイトを拝見させて頂き、本日HSBCに行ってまいりました。
パスポートおみせると他の証明書はあるかと聞かれ、免許証を提示しました。

すると生年月日が西暦表示で表記されているものでないとNGとの事。
中国語が堪能な中国人スタッフと一緒にったので、いろいろ説明してもらいましたが、
昭和で表記されてるからダメだと・・・。

やむおえず引き返してきました。
支店によって対応が変わるとかあるんでしょうか。

まだ滞在期間はあるので、最悪大使館に連絡して証明証を発行してもらおうかと思ってます。

ina さんから深セン出張さんへの返信  2013年10月11日 19:24  返信

>深セン出張さん
HSBCに限らず香港の銀行はどこも支店によって対応が全然違いますね~
行員が自分の銀行のことを把握していないこともしばしばなので、実績にある支店にいったほうが早いです。。。

記事にあるオーシャンセンターの支店は日本人になれているのでうまくいっていることが多いみたいです。

深セン出張 さん さん  2013年10月11日 19:54  返信

ご返信ありがとうございます!

今回は時間がなかったので深センから近い上水の支店に行ってきました。
小さい店舗なので微妙だったかもしれません。

来週また再チャレンジしようと思います。

ina さんから深セン出張 さんさんへの返信  2013年10月11日 19:59  返信

>深セン出張さん
上水あたりだと日本人のお客はほとんどいないでしょうから、厳しいんでしょうね~
免許の英文訳はお金も時間(2日くらい)もかかるので、無しでいければそれに超したこと無いですね。

深セン出張 さん  2013年10月22日 15:54  返信

結果報告です。

一度目は登録できなかったので、
こちらのサイトで紹介されているオーシャンセンター支店に行ってきました。

一年前から香港に住所がない外国人はHSBC Advanceしか作れなくなってしまったとの説明でした。ただ、他の方がコメントされている通り変更は可能なようです。

今回は時間がなくて要件を聞くだけ聞いて帰ってしまいましたが、
年2回くらい長期滞在の出張があるのでそのうち作ろうと思ってます。

一応必要書類等聞いてみたんですが、このサイトで案内があるようにオーシャンセンター支店ならパスポートと日本の免許証で行けるようです。

色々と参考になりました。
ありがとうございました。

ina さんから深セン出張さんへの返信  2013年10月22日 16:33  返信

>深セン出張さん
最新情報ありがとうございます。
僕が作ったときもHSBC Advanceしか作れないといわれました。微妙に情報が錯綜してますが、店舗や店員によって対応が違うのは実に香港らしいので・・・(笑)

Tanaka さん  2013年12月18日 10:58  返信

2013年12月12日に開設手続きに行ってきました。
HSBCオーシャンセンター支店です。
15時前後の訪問でしたが、10分くらいでブースに呼ばれ、手続きが始まり、
約40分くらいですべての手続きが完了しました。

流れは他の方が既に書かれているように、
1、開設したいと受付に告げ、パスポート、免許証持参の確認、受付番号を貰う
2、ブースにて、パスポート、国際免許(今回は国際免許証でよいと言われました。)を提出
3、開設する理由を問われる
4、口座の種類を選択
5、書類一式に記入とサイン
6、投資用口座のリスク管理の簡単なアンケートに答える(結果によっては開設拒否もあるそうです)
7、ネットバンクの設定を一緒に行う
その後、自分でATMにて暗証番号(6桁の数字)の設定、入金作業。

今回の開設手続きで感じた事としては、
1、開設理由が明確である必要性
2、英語での意思疎通がスムーズに行える
3、最低限の海外の金融の常識程度の知識を学んで行く

この3つさえ整っていれば、開設はスムーズに行えると感じました。
特に重要なのは、なぜ開設するのか、私の場合は海外でビジネスをしているので、
早ければ来年、香港にも参入していきたい、その為の第一歩として、
個人口座を開設して準備を進めたいと言ったところ、
大変良く分かったといい、快く引き受けていただけました。

担当者といろいろ話したところ、やはり口座開設する事が目的になってしまっている人ではなく、
口座を所持した上で様々な展開を視野に入れて利用してくれる人に開設したいとのことでした。
当たり前の事ばかりですが、やはり重要であることは明らかでした。

また、口座の種類ですが、Premiere, Advance, Smart Vantage の3つから選べました。
Smart Vantage は即日の開設が不可、1−2週間後に再来店する必要があるそうです。
Advanceで開設した人は、3ヶ月後にSmart Vantageへの変更が可能になるとの事です。

皆様も良い結果でありますことを、お祈り致します。

ina さんからTanakaさんへの返信  2013年12月18日 17:41  返信

>Tanakaさん
詳細な情報ありがとうございます!
口座手数料が無料なスマートバンテージ口座を開設したい方は多そうなので、今回のお話はいろいろ参考になります。

それから口座開設の目的を効かれるということなので、コレから行かれる方は心の準備をしていった方がイイカモですね!

mcnair さん  2013年12月26日 15:34  返信

HSBCに限らずですが外国人の口座開設の条件はコロコロ変わりますね。昔は一時期香港ID所持者の紹介状がないと開けないこともありました。私が開設した16年前はパスポートだけで開けましたが、ここ最近は通訳同席不可(開設者本人の英語または広東語会話能力が必須)、日本の運転免許証(英訳があってもだめ)では不可となったようです。国際免許証はOKのようです。
もちろん支店によっても対応は違うので一概には言えませんが、全体的に厳しくなっているようです。

理由は口座開設して少額のデポジットを入金してほったらかしている日本人があまりにも多く、英語での意思疎通もできずに業務にも支障をきたすようになってきたためだそうです。
ですが逆にTanakaさんの仰る、明確な開設理由とそれを説明できるある程度の語学力があればそんなに難しいことではないと思います。

ina さんからmcnairさんへの返信  2013年12月26日 23:44  返信

>mcnairさん
そうなんですよね~。
そのせいでHSBCの口座開設が難しいみたいな話になってるのですが、そもそも英語が全く話せないのに海外の口座を作ってもどうしようもないということの方が重要なわけで。。。

Akiko さん  2014年10月16日 09:59  返信

自称香港マニアです。来週また香港に行きますので、HSBCで口座開設をしてみようと思います。チムに宿泊するので、オーシャンセンターに行ってみます。

ina さんからAkikoさんへの返信  2014年10月17日 15:53  返信

>Akikoさん
オーシャンセンターは日本人対応にも慣れているのでいちばん良いと思います!
是非様子など教えてくださいませ~

ももんが さん  2014年12月 1日 20:45  返信

>Akikoさん
口座開設どうでしたか?
私も今月行こうと思っているので。
担当者に聞かれたことや留意点など
教えていただけると助かります。

miku さん  2015年1月23日 11:21  返信

おたずねします。英語はSkypeでの学習が出来るレアジョブ英会話でレッスンれましたか?
以前Skkype でレッスンしたと言う事を見ていましたので、宜しければ口座開設に
活用したいのでレッスンをされた英会話を教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

ina さんからmikuさんへの返信  2015年1月23日 19:55  返信

>mikuさん
レアジョブはちょっと合わなくて、今はDMMです~

http://maniac-hongkong.com/move/eikaiwa-dmm.php

ちなみにこの記事の頃は、ぐんぐん英会話やってました。

おこうちゃん さん  2015年8月20日 12:00  返信

始めて投稿します。ごく最近日本在住者英語堪能な方が香港在住者にしか口座開設はしないと断られたと聞きました。
詳細まだ伺って無いのですが、その方は米国にいる子女への送金とか海外で得た収入を預け入れたいと言っただろうと思うのですが??
やはり投資を積極的にしたいということが必須なのかもしれないですよね。
いかが思われますか?

ina さんからおこうちゃんさんへの返信  2015年8月25日 21:41  返信

>おこうちゃんさん

もともとHSBCは対応にばらつきがあるのでハズレに当たった可能性が・・・

結構こういった話があるのですが、数ヶ月前にチムのHSBCに行ったときには割とウェルカムな感じだったので、支店次第かも?

クララ さん  2015年9月 9日 13:34  返信

こんにちわ
お尋ね致します。
2012年にHSBC香港にプレミアムで口座を開きましたが、凍結したままになっております。
今月にでも口座解約に渡航と予定してましたが、銀行のキャッシュカードにクレジット機能が付いてます。一度も使用はしておりません。このカードを解約してからでないと口座の解約はできないのでしょうか・・・また解約の手続きはどうしたらいいのでしょうか?・・・何回も香港に行きたくありません。一回の渡航で終わりにしたいのですが。大変恐縮ですが、ご伝授いただけますか。よろしくお願い致します。

ina さんからクララさんへの返信  2015年9月11日 22:01  返信

>クララさん
クレジットカードは解約したことがないのではっきり分からないですが、口座の解約自体はHSBCにいってその旨伝えればその場で手続きしてくれるはずだと思います。

以前友人の口座を解約したときは20分くらいですぐに終わりましたよ~

masa さん  2015年10月17日 13:14  返信

2015.10.17 HSBC オーシャンセンターで口座開設できました!
情報が役に立ちました!
全体の流れは受付→個室(目的、個人情報を聞かれる)→窓口で入金→
インターネットバンキングの登録→AMTカードの暗証番号の設定です。
まず受付の人に口座開設したいと伝えるとパスポートと住所がわかるものを
出してといわれ見せたら番号札をくれました。
個室に呼ばれ、まず目的を聞かれてインベストメントと回答、
提示したパスポートと国際免許を見ながらカチカチ入力&印刷していました、
あとは、勤務先の名刺を要求されました。(名刺裏に英語で表記されていたのでラッキーでした)また、HSBCのホームページよりダウンロード(https://www.hsbc.com.hk/personal/form-centre.html)した申請書にわかるところだけ
あらかじめ記入しておいたのでそれも渡しましたので、ほぼ聞かれることは
何もなかったです。
ただSmartVantageだと1週間後にまた銀行に出向かないといけないらしく
アドバンスなら今日できるといわれたのでアドバンスにしました。
(3ヶ月後であればスマートバンテージにダウングレードできるとのことだったので
How to down grade?と聞いたら送り先の記入された申請書をくれました、
サインして郵送すればいいとのことでした。)
その後は窓口の列に並んで、窓口で口座番号と現金を渡し”デポジット”と言って
入金してもらいました。そのあとほったらかしになったのでATMカードをみせて”インターネットバンキング”と言いネットバンキングの登録を一緒にやってもらいました。名前、パスポートナンバー等を入力、あと自分の好きな第一パスワード6桁、第二パスワード8桁を入力、秘密の質問2種類(好きなレストラン名、好きな歌手名。。。など) そのあと投資に必要な許容リスクのアンケートです。
まず、先ほど決めた第一、第二パスワードを入力して何項目かのアンケート。
英語がわからなければ全て真ん中を選べば大丈夫です)
次にATMへといわれたのでwith meといって一緒に来てもらい操作してもらいました。
個室でもらった仮パスワード(pin ナンバー)を入力、その後自分の好きな6桁の暗証番号
を入力。(ほぼ言われるがままに進めました) これで全て完了です。
サポートは特別必要ないと思いました。行員(若くて短髪ツンツンの細い人)もなれているようでほぼ言われるがままに処理しました。この行員に当たればいいのかも。。。

ina さんからmasaさんへの返信  2015年10月19日 10:31  返信

>masaさん
情報ありがとうございます!
いろいろな情報が飛び交ってますが、やはりオーシャンセンターは安定的に良さそうですね。僕もちょっと前に人に口座開設につきあった際、英文住所さえあれば大丈夫っぽかったので。

気になるのは勤務先の英文名刺ですね~
こちらは日本の会社の名刺で英文表記でOKだったという感じでしょうか?

masa さん  2015年10月23日 23:38  返信

お世話様です。
日本法人の名刺で裏の英文表記でした。コピーとってましたよ。
いっぱい日本人が口座開設に来てると言ってました。
以前はアメリカ人がすごく多かったといっていましたので
まだまだいけそうですね。

ina さんからmasaさんへの返信  2015年10月24日 00:00  返信

>masaさん
再び情報ありがとうございます!
となると、香港内の勤務先を要求されているわけでは無さそうなので、全然問題なく口座開設できそうですね~

うめ さん  2016年3月20日 07:51  返信

超~お久しぶりです。 
日本語堪能な方が、開設担当をされた頃(2011年)は簡単に開けましたね。

理由は、mcnair さんのおっしゃる通りだと思います。

>やはり営業ノルマがありそうですね。

日本の銀行だって、香港の銀行だって、仕事ですから
ボランティアしてるわけじゃない

去年、オーシャンセンターに、両親を連れて行ったのですが、
「英語か中国語を話せますか?」と質問され、開いてもらえませんでした。
「(通訳の私)あなただけ、開設してあげる」と言われました。

>HSBCに限らず香港の銀行はどこも支店によって対応が全然違いますね~

ありがとう
合う支店。合う担当者に巡り逢えれば、日本人なら誰でも開設可脳みたい


サインを忘れてしまったので、担当者に、
「サインは、英語だったっけ?日本語でサインしたっけ?」と尋ね
「中国語でサインされました」と返答
そうか、(香港では)日本語表記は中国語なんですね。
だから、日本語の証明書は、有効で当たり前なのね

>もともとHSBCは対応にばらつきがあるのでハズレに当たった可能性が・・・
>結構こういった話があるのですが、数ヶ月前にチムのHSBCに行ったときには割とウェルカムな感じだったので、支店次第かも?

たしか、10行目くらいで、両親OKしてくれた行員に巡り逢いました。
香港へ渡航、1日目は開けず、2日目は諦めモード、3日目で開けた

何度か、メールさせていただいたりしても返信なく、
ここにもコメントしたけど、返信してもらえず、一人で行ってみましたが、
日本語話せて、パスポートあれば、日本人なら誰でも開けました。
(日本は、中国の領土の一部と認めたことになるかもと聞きましたが)
同じ日本語でも?鹿児島弁が通じるかどうか担当者次第と同じレベルで、
英語、北京語(標準語)、広東語、朝鮮語、日本語、チベット語、パーリー語がOKかどうかは、香港中、どこの銀行も担当者レベルで判断

英語でしょうが、日本語でしょうが、仕事できれば開いてくれるみたい
小学生レベルの英語でOKも、担当者次第みたい

日本在住者が代表者の法人口座も、
日本同様、大手ほど、簡単には、日本人の日本法人でも開かせてくれませんもんね!!!
(最近、簡単だった、楽天銀行、郵貯銀行でも、落選する開業したての法人が続出。仕事できないとわめいています)

やっと、3年ほったらかしていた香港法人も、中国系の銀行で簡単と他のブログで、かなり、多かったので、行って見たら、開けました。

ただし、開業当時だったら、落ちたみたい。

masa さんは、私と同様、英語で開けそうですね。

>何回も香港に行きたくありません

こう言う、日本人が多く、支店の成績(利益率?)が悪いので、
厳しくなったみたい


なんせ、HSBCの株価 大暴落 上場来安値? HKD25になるの?

もう、ボランティアは、やってられないみたい

ina さんからうめさんへの返信  2016年3月22日 02:37  返信

>うめさん
おっしゃるとおり、日本人は口座だけ開いて使わない人が多すぎたので、あまり良い客ではないと思われていると思います。。。

うめ さん  2016年3月24日 11:13  返信

上の「トップ」の右をクリックすれば、全部、読めると分かったので、
全部読んで、
3月20日にメールフォームから、メールしましたので、
宜しく御願い致します。

ina さんからうめさんへの返信  2016年3月25日 21:25  返信

>うめさん
後ほど返信させていただきます

コメント入力フォーム

この記事に関する感想や追加・訂正情報などお気軽にカキコしてくださいませ♪ なお、頂戴したコメントは管理人の確認の後で公開されますので、ご了承ください


(スタイル用のHTMLタグを使えます)