[台湾] 台中空港ってどんなところ?

今回の台湾旅行では日本便がよく行く台北空港ではなく、台湾第三の都市台中にある台中空港に降り立ちました。台北と違って台中空港の情報はあまり無いように思うので、どんなところなのか書いておこうと思います。

台中空港はもともと日本統治時代に建設された「公館空港」で、その後も軍用に使われていた空港です。かつてはB52が離着陸していたという大型空港で、実際滑走路や敷地はかなり大きいです。

が、民間空港としての規模はあまり大きくありません。

到着側にある売店はほんの数件。
化粧品や酒、ちょっとしたお土産物を売る免税店がポチポチと。

手荷物受け取りや待合室も日本の地方空港レベル。

イミグレの外にはレストランが1軒だけ。
また、空港のそばには駐車場以外何もないので、実質、食事ができるのはここだけということに・・・。しかし今回9時過ぎに到着した時点で既に閉店してました・・・。

出発ロビー側も免税店が数店と、イミグレの外にあったのと同じ食堂が1件のみ。
ラウンジ利用の場合はいいかもしれませんが、それ以外では空港の中で時間をつぶすのは難しいと思った方がいいです。

徒歩圏にはホテルも見あたらない・・・

おまけに徒歩圏にはホテルも見あたりません。。。

上記リンク先を見ていただければわかるとおり、ホントビックリする位、何もないので最初からそのつもりで行くのがイイかと思います。

台中空港へのアクセス・行き方

台中空港へのアクセスは以下の2つ
いずれも到着窓口から1階下に降りたターミナルから利用可能です。

  • バス
  • タクシー

バスについては台中空港のHPに各方面行きの一覧があるので参考にしてください。といっても初めて行く場合は分かりにくいのですが。。。

ちなみに台中の市街地(台中火車駅)方面へ行くのは、115番と150番のバス。

タクシーについてですが、空港にいるタクシーは時々メーターを使わないマナーの悪いのが混じっています。ちょっと高めの固定料金を提示してきますので、乗車してすぐにメーターを使うように強くいいましょう。

それでも使わないときには、「不用(ブーヨン)」といって降りちゃってもいいです。

 

コメント入力フォーム

この記事に関する感想や追加・訂正情報などお気軽にカキコしてくださいませ♪ なお、頂戴したコメントは管理人の確認の後で公開されますので、ご了承ください


(スタイル用のHTMLタグを使えます)