中国のamazon(アマゾン)の使い方を解説するよ

先日気が付いたのですが、中国のamazonが面白い。

まず第一に中国は本が安い!
中国語版ですが香港や深セン、広州のガイドブックとか安いですし、中国語のテキストも中国amazonで買えば安い。

それから第二に便利。
日本でamazonを使っていた方は分かると思いますが、いちいち本屋に探しに行って在庫が有るとか無いとかamazonに慣れたらやってられないですよね~。ネットで検索してサクッと注文、すぐに自宅に届けてくれるとか便利すぎます。香港に来て一番不便だと思ったことがamazonが無いことだったくらい・・・

というわけで、中国版amazonの使い方を紹介します。

送料はどうなっているのか?

なんと中国のamazonは29元(450円くらい)の購入で送料無料。
また、29元以下の場合でも送料は1回5元と格安なので手軽に利用できちゃう。以下で海外向け送料の説明をしていますが中国国内向けに送る場合には関係有りません。

なお、上記は一般的な配送の場合で速達の場合は1個あたり5元が別途かかる模様

ただ、この送料は中国国内向けに発送した場合で、香港や日本を含む海外への発送には結構高い別料金が掛かるため、それを含めてお得かどうか考える必要があります。特に日本向け送料は超高いので注意が必要です。

香港・日本など海外向けの送料は?

香港や日本を含む海外発送の利用方法については以下のページに纏められています。このページだけ英語版があるので中国語が分からなくても大丈夫(笑)

大きく分けて時間の掛かる船便(香港宛で8日くらい、日本宛で15日くらい)と、早く届く航空便(2~3日)の2種類がありそれぞれで送料が異なります。

船便の場合の送料は「商品数×単品送料」という形になっており、単品送料は商品の種類ごとに若干異なります。日本・。香港宛はこんな感じ

発送先 音楽・映像・ソフト
日本 110元/冊 35元/個
香港 20元/冊 15元/個

たとえば、本を5冊とDVDを2個日本向けに送る場合は以下の通り
110元×5冊+35元×2個=620元、たっけぇ!

香港向けは良心的で
20元×5冊+15元×2個=130元

日本宛の本の送料が高いのがとても気になりますが、その他の商品はは船便で納期が掛かることを覗けば割と許せる範囲とも言えます。

たとえばですね~
中国国内向けのマイクロソフトオフィスって超安いんですよ。
もちろん(さすがにamazonが売ってるモノなので)正規ライセンス品ですし、実は日本語化して使うことも問題ないらしいです。もうね、日本で買うのがばからしくなるくらい。

続いて航空便はもうちょっとややこしい。
送料は「商品数×単品送料+発送の回数×発送送料」という形になります。

発送先 単品送料 荷物送料
音楽・映像・ソフト 音楽・映像・ソフト
日本 70元/冊 25元/個 100元/回 100元/回
香港 20元/冊 15元/個 80元/回 80元/回

たとえば、本を5冊とDVDを2枚日本向けに1回の荷物で送る場合は以下の通り
70元×5冊+25元×2個+100元=400元、ってアレレこっちの方が安いぞ?

香港と中国の本の価格差を考えれば、amazonの便利さを享受できて1冊当たり+20元だったら十分納得の範囲ですが、日本向けの本については利用価値がないと思われるので送料を加味しながら上手に使いたいところです。

海外から購入できる商品は?

個人的には中国国内向けの激安携帯電話とか日本や香港から買えたら面白いと思うのですが、残念ながら発送不可。この記事を書いている時点で海外発送が可能なのは以下の通りとなっています。

  • 音楽
  • 映像
  • ソフトウェア
  • 教育音楽・映像
  • ゲーム関連商品

日本からだとやはりPCソフト関連がメリット大きいかな~
香港からなら本などの購入もあり。

中国amazonでの実際の購入方法

それでは中国amazonでの実際の購入方法を見てきましょう!
なお、中国とはいえ日本と同じamazonなので基本的な使い方は同じです。中国語でちょっと戸惑いますが日本で使い慣れている方なら大丈夫かと~

希望の商品を探す

いつも見慣れたamazonのTOPページ。
ここから上部の検索窓を使って商品を探していきます。検索窓は中国語と英語での入力が可能と思われます。日本とは字が異なるのすが時々大丈夫だったりしますので、ダメ元で試してみて下さい。

商品を見つけたら商品の内容と価格をチェック。
価格は「¥」マークが付いていますが「円」ではなく中国の「元」なので間違えないようにして下さい。

商品内容がOKなら「加入购物车」と書かれた黄色いボタンをクリックしてバスケットに追加します。

バスケットに追加するとこんな画面になります。
引き続き買い物する場合は最初の手順と同じように検索窓で商品を探し、このまま支払いに行く場合は「进入决算中心」と書かれた黄色いボタンをクリックします。

中国アマゾンにアカウントを作る

初回利用時や未ログイン状態の場合、上記のような登録画面になります。
アカウントをお持ちの場合(日本のアカウントとは併用できません、中国用のアカウントが必要)は、「我是老客户」を選択してログイン。そうでない場合はメールアドレスだけ入力の上、「我是一个新客户」を選択して新規にアカウントを取得します。

次の画面では氏名(ローマ字入力)、メールアドレス、パスワードを設定します。
氏名については漢字でも良さそうな気がしますが、文字化け防止のために念のため半角ローマ字にて入力した方が良いかなと。

続いて配送先の登録です。
中国に住所を持っている方は、送り先の氏名を入力の上プルダウンメニューで住所を選択、最後に番地やマンション名と、郵便番号及び電話番号を入力します。この画面の住所は全て簡体字での入力です。どこかからコピペするのが良いでしょう(笑)

また、日本や香港への発送の場合は画面上部にある「海外地址」というリンクをクリックして海外用の住所設定画面へ移動します。

するとこのような画面になるので、上記の内容で入力します。
ここでも日本語入力が可能ですが、文字化けするとやっかいなのと航空便利用の際は英文入力必須なので必ず氏名、住所ともローマ字にて入力しておきます。

配送先の設定

入力が終わったら住所の選択画面になります。

なお、この画面から日本のamazon同様に複数の住所を登録することも可能です。
たとえば中国の友人宅と香港の自宅とかも登録可能で、複数登録時にはこの画面で配送先を選択します。

いろいろなものをバスケットに入れており、その中に海外発送が不可能な物が含まれている場合、上記のメッセージが出て先に進めなくなります。この場合は配送先を中国国内にするか、ダメな商品を削除します。

配送方法の選択

注文内容に問題がなければ続いて配送方法を選択します。

  • 标准服务→船便
  • 海外航空快递→航空便

となっているので費用と時間を考えて希望の配送方法を選択します。
航空便は高いのでここでは船便を例に進めていきます。

希望の配送方法を選んだら「继续」と書かれた黄色いボタンをクリック。

支払い方法の選択

最後に支払い方法を選択します。
様々な支払い方法が選択可能ですが、一番面倒が少ないのはクレジットカード。

不安な場合はアリペイなども使えるのですが、アリペイの登録に中国の銀行口座が必要だった気がするので少々面倒です。

また、この画面で最終的な送料の確認が可能です。
今回の場合、香港宛の船便なので配送料として15元が追加されています。

カードの追加ボタンを押すと、このように入力欄が開きます。
カード番号とカードの名義人の名前、有効期限を入力して、「添加此信用卡」と書かれた黄色いボタンをクリックして登録します。

もちろんこの時に利用するカードは香港、日本など海外のカードでもOK。
ただし、あくまで中国amazonの決済は「元」なので、amazonが決済した時点でのレートで計算後、最終的にカード発行国の通貨で請求が来ます。

続いて複数の住所を登録していると請求先を選択する画面になりますが、特に理由がなければ配送先と同じにしておけばOKです。

最後に注文の最終確認画面。
ここで、ギフト券を追加したり、配送方法を変更したりも可能。

最終的に問題なければ「订单确认」と書かれたボタンを押して注文完了となります。あとは到着をのんびり待つだけ!

お疲れ様でした~

 

この記事へのコメント(8件) |コメント入力欄へ

あ さん  2014年5月25日 13:01  返信

突然のコメント失礼致します。
分かりやすいご説明ありがとうございます!

質問なのですが、中国Amazonのセット販売の送料の扱いはどうなりますか?
例えば、6冊セットの本だったら、6冊分の単品送料がかかってしまうのでしょうか…f(^^;)
それとも、また別の扱いになるのでしょうか?

御存知でしたらお願い致します!

ina さんからさんへの返信  2014年5月27日 00:58  返信

>あさん
ちょっと試したことがないので分からないですが、恐らく冊数単位で課金されるような気がします・・・

あ さん  2014年5月27日 10:49  返信

お返事ありがとうございます!

中国Amazonはセット商品が格安ですが、やっぱり送料が高くついてしまうんですね(^^;)
本をセットで購入する時はタオバオを使った方が良いのかもしれませんね。。

ina さんからさんへの返信  2014年6月 1日 17:51  返信

>あさん
ですね~
amazon中国の本は激安なのですが、日本向け送料が高いのが玉にきずで。。。
中国国内や香港から利用するとすごく便利なんですけど(笑)

あ さん  2014年8月19日 10:27  返信


お久しぶりです。

中国のAmazonのアカウントを作成したので試してみたところ、
漫画のセットはエラーが出てしまい、日本には送れないようです…

また、DVDのセットは1つずつ送料がかかるのではなく、
1セットに1個分の送料がかかるようです。

漫画は単品で買うしかないようですが、DVDのセットはお得ですね(^^)

ina さんからさんへの返信  2014年8月19日 21:03  返信

>あさん
DVDセットは1回分の送料で行けるとはナイス情報ありがとうござます!
海外DVDは日本より圧倒的に安いですからね(笑)

かえいけつ さん  2014年12月28日 15:47  返信

言いたいことは山ほどあります。。。
中国で日本のアマゾンをログインすることは可能なんですか?
中国のアマゾンアカウント、日本アマゾンのサイトで使えますか?新しいアカウントは必要なんでしょうか?

ina さんからかえいけつさんへの返信  2014年12月31日 22:06  返信

>かえいけつさん
中国から日本のamazonにログインすることは可能です。
一方、アカウントは併用ではないので別途作る必要があります。

コメント入力フォーム

この記事に関する感想や追加・訂正情報などお気軽にカキコしてくださいませ♪ なお、頂戴したコメントは管理人の確認の後で公開されますので、ご了承ください


(スタイル用のHTMLタグを使えます)