出発後、現地で加入できる海外旅行保険 World Nomadsの評判ってどうなの?

長いこと海外を旅行していたり、個人的な理由で海外に在住している場合に悩ましいことの一つが保険ですよね~。国によっては医療保険が充実していなかったりしてうっかり病気になったらものすごい金額を請求されたり・・・。

僕は以前駐在員だった頃、香港の日本語が通じる某病院でちょろっと検査をしただけで保険会社への請求額がHK$6,000(90,000円くらいですね)だったのを見て「自腹じゃ病院には行けないな」と思ったことがあるのでその恐怖は絶大です。

かといって自腹で通年の海外旅行保険に入るのは超高いし・・・
で、よく考えてみたら楽天カードに無料で海外旅行保険が付いていることを思いだし、とりあえず最低限の保障をゲットしたわけですが、これ一つ問題があって保障期間が90日しかないんですよね。。。

つまり保険をかけ続けようと思うと90日に1回日本に帰らなきゃ行けない(笑)

保障切れから次回帰国までをカバーする海外旅行保険があれば良いのでは?

そこで考えられるのが90日経過したあとから次回帰国までの間をカバーできる海外旅行保険があればいいんじゃないのってことなのですが、実はこれが国内の保険会社には無いんですよね。

法規制だかの縛りのせいで国内の海外旅行保険は必ず出発時に加入していなきゃいけないとか。そりゃ無駄ってもんだよ・・・

たとえば4ヶ月、海外にいるとして。
最初の3ヶ月は楽天カードの保障、残りの1ヶ月は自腹で買うとかできればいいモノを!

World Nomadsなら出発後でも現地でも加入可能!

で、国内がダメなら海外ですよ。
日本の法規制に縛られない海外なら出発後や現地で途中から入れる海外旅行保険があるみたいです。その一つがWorld Nomads。

World Nomadsはオーストラリアに拠点を構えるオンライン保険会社で、その最大の特徴は「出発後・現地でも加入できる」ということです。僕のように保障期間を延長したい場合やうっかり保険加入を忘れた場合などに超便利。

世界中どこにいてもネットが繋がれば即保険に入れるってのはすごい。
色んな意味でこの会社経営大丈夫なの?と微妙に心配になるレベルです。

とりあえず見積もりを取ってみる

ってことでとりあえず見積もりを見てみましょう!
ちなみに非常に残念なことにWorld Nomadsのサイトは全て英語です。保険請求時ももちろん英語になりますがGoogle翻訳という強い味方がいるのでたぶん問題ないでしょう。

World Nomadsのサイトへ行くと↑の様な検索ボックスがあるので上記の内容を英語で入力。

Who's going?は保険の対象となる加入者でSingle「単身」、Couple「カップル」、Family「家族」の中から選択します。

するとこんな感じで見積もりが表示されます。
今回は旅行先を香港、居住地を日本として1ヶ月の保険を見積もってみたのですが、見積もりは以下の条件で出力されています。

旅行先:アメリカと日本を除く世界中
僕はしょっちゅう中国に行くほか1,2ヶ月に1度他国へ旅行したりもするので、まぁ世界中の方がありがたいですが国を絞ることでコストを下げるというオプションは無さそう。またアメリカを追加するとちょっと値段が上がります。

StandardとExplorer
補償額や内容によって値段の異なる2つのプランが提案されています。大きな違いは医療保険額の制限の有無と業務の有無でしょうか。僕のように現地で仕事がある場合はExplorerを選ばなきゃいけない模様。あとハイジャックや飛行機の遅れに対する保障の有無も。

まぁ、金額差は1ヶ月で15ドルくらいなので高い方に入っておいても良いかも。

さらに下に方に進むと「High value personal items」という欄があって、ここでデジカメやスマホなど高価なアイテムに対する保障を追加することが出来ます。ここに登録されているアイテムが盗難にあったり故障した場合には保証が受けられるということですね。

たとえばiPhoneを追加してみたところUSD10でUSD500分の保障が付けられました。

注意点1つ目「Footprints donation」
World Nomadsでは標準でUSD2の寄付が設定されています。そのままでも良いですし寄付しない場合はGive USD欄を「0」に変更します。

注意点2つ目「Policy Excess」
この欄はとても重要なことが書いてあります。World Nomadsでは保険金の請求1回ごとにUSD100の手数料が掛かります。つまりUSD100以下の保険支払い額の場合は保険を適用するとむしろ赤字になるということです。少額の保障を実質受け付けないことで利益を出しているのではないかと思われます。

これは欠点にも見えますが、そもそも保険は大きな問題に備えるモノであって、細かい事故への補償をしないことで全体のコストを下げていると考えればメリットともいえます。あらかじめ「そういうものだ」と思っておくのが大事かと。

問題なければ「Buy Now」ボタンをクリックし加入者情報などを入力して最後にクレジットカードで支払いをすれば加入完了です。

World Nomads加入時の注意点

まずは先ほども書いた手数料USD100の問題。
こちらは保険金を請求する手続き1回毎にUSD100の費用が掛かります。USD100以下の請求だとむしろ赤字になりますし、少額の請求の場合でもあまり保険のメリットを享受できません。

それから保障の開始日。
World Nomadsでは加入手続きから保障がスタートするまで3日間の猶予期間が設定されています。なので、「やべぇ体調悪いから病院へ行こう。じゃその前にWorld Nomadsに加入して・・・」ということは出来ません。

支払いがスムーズかどうか?

もう一つ心配なのが支払い手続き。
現段階ではWorld Nomadsの支払い手続きを行っていないので、どの程度の手続き&スピードで保険金を払ってくれるのか分かりません。ざっくり見た限りでは問題なさそうだけど。

World Nomadsってどうなの?

まだあまり日本から利用された方が少ないようで良くも悪くも評判は聞こえてこない感じですね~。国内にはない非常に面白いサービスだと思うので、まっとうな形で発展してくれると非常に嬉しいところ。

経験者の方がいらっしゃれば是非コメント欄で教えてください!

 

この記事へのコメント(1件) |コメント入力欄へ

mik さん  2017年1月23日 18:46  返信

こんにちは。
こちらの情報、知れて非常に良かったです。
この保険について質問があります。
留学やワーホリで長期滞在している場合でも加入可能なのでしょうか?
一定の期間以上滞在していたら対象外とかはあるのでしょうか?
英語力が乏しいので教えて頂けると幸いです。
すみませんがよろしくお願いします。

コメント入力フォーム

この記事に関する感想や追加・訂正情報などお気軽にカキコしてくださいませ♪ なお、頂戴したコメントは管理人の確認の後で公開されますので、ご了承ください


(スタイル用のHTMLタグを使えます)