深セン 金稲園砂鍋粥で激旨のお粥を堪能する

いつも同じこと書いてますが香港や深センのお粥は旨い!
しかし、中でも「贅沢に美味しいお粥は?」と聞かれたら是非オススメしたいのが、深センにある金稲園砂鍋粥というお店。

寒い季節とか、ホント3日に1回くらい食べたくなるのですが、香港在住の身としては家から遠いのと、あと、一人だと食べにくいのでなかなか行けないのが残念なところ~

金稲園砂鍋粥は深セン周辺に11店舗有るようですが、僕がよく行くのは地下鉄国貿駅から徒歩で5分くらい、旧西武ビルの裏側にある「向西店」です。周囲は微妙に怪しいエリアらしいのですが、美食のためなら気にしない(笑)

ちょっと高級なお店なので店内は小綺麗にまとめられています。
なので、日本人が行ってもそれほど違和感ないかなと。ただし日本語はもちろん英語も通じませんが・・・

お通しは鳥の爪の部分。
香港や中国ではわりと一般的な食材で、これをしゃぶりながら上手に骨と身を分離しつつ食べます。

メニューを開くと様々な具材を組み合わせたお粥が載っているのですが、どれも値段が書いてない。よく分からないのですが、これらのページは組み合わせによる効能などを解説しているらしいです。

で、実際のお値段は写真右の具材ごとの価格の組み合わせによって決まります。
上記の参考例でも注文できるし、個別に頼んでもOK。

ただし、これらのやりとりは中国語なので、どうしようもない場合は指さし注文で予算は天に任せるしかありませんw。まぁ、高級食材でなきゃ1人150RMBを越えることはないので、それもまた良し(笑)

店内をよく見ると調理を待つ蟹や水槽には様々な魚が。
中国語さえ出来ればこれらをアレコレできるのかもしれない・・・?

なんか本格的っぽい中国茶セットが出てきます。
中国人の友人がいると華麗に入れてくれるかもしれませんね~

お粥が出てくるまで2~30分掛かるのでサイドメニューなどを注文しつつ待ちましょう。これ、何かのニンニク炒めでとても美味しいのですが名前を忘れました。。。

しばらく待っているとお粥が登場!
こんな感じの土鍋(砂鍋?)でドカンと運ばれてきます。

中には注文した具材がどっさり~
蟹とか入れちゃうと良い出汁が出て香りも最高♪

お粥でこの贅沢感!
もちろん味も最高だ~

お粥はかなり量があるので、人数分頼むとお腹いっぱい食べられます。
人数と頼む食材にも依りますが、今回は蟹やら蝦やらアワビ(たぶんトコブシw)やらを贅沢に入れて、5人で400RMBくらい。隣のテーブルの中国人は2人で300RMBくらい払っていたので人数が多い方が割安かも。

このお粥、日本に進出しても結構流行るんじゃないかなと思うくらい美味しいので、お粥が似合う寒い季節に是非~

住所 深圳市罗湖区向西路51号
電話番号 755-82259998
 

コメント入力フォーム

この記事に関する感想や追加・訂正情報などお気軽にカキコしてくださいませ♪ なお、頂戴したコメントは管理人の確認の後で公開されますので、ご了承ください


(スタイル用のHTMLタグを使えます)